iPhone(アイフォン)修理 米子

iPadの修理工程お見せします!【鳥取・米子iPad修理店の裏事情】 iPhone(アイフォン)修理 米子なら駅近のスマホスピタル米子店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 米子
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 米子

iPhoneお役立ち情報

iPhone以外の修理について

iPadの修理工程お見せします!【鳥取・米子iPad修理店の裏事情】

[2019.04.04] スマホスピタル米子

カテゴリー:iPhone以外の修理について

本当に多くのiPad修理の依頼をいただいておりまして

ありがとうございます。

 

今回は普段お見せしない修理工程をちょこっと公開します!

皆さんのiPadが長く使用できるようにスタッフがどういうことをしているのか

最近ちょこっとスリムになったと自負している店長自ら、解説します!!

 

iPadの解体工程!

①ガラス剥がし

最初にして最難関の作業、それがガラスの取り外しです。

取り外しは2段階になっています。

まず、本体ボディからガラスを剥がしてあげること

そして基板であるロジックボードから接点を外すこと

ガラスパーツを本体から取り外すこと。

ここではまず本体から剥がします。

img_0128

ガラスと本体の間にモノを挟んで粘着を剥がしていくのですが

まず間に入れるというのがとっても大変!!

温めることで粘着力が弱くなるので、温風などで温めて

ちょっと緩くなったところにブスッと!

さし過ぎると内部のパーツに傷をつけてしまいかねませんし、

温風も温度を考えないと熱し過ぎて破損させてしまうこともあります。

まさにiPad修理の東大受験や~!!(全然うまくない)

 

②液晶画面の取り外し

ガラスの下に存在しているのは液晶画面です。

実はiPadのパーツで最初に本体から取り外せるのはこの液晶なのです

ガラスを開けると四角がネジで止められた液晶に触れます。

img_0135

液晶の下にロジックボードがあるため、

この時はまだガラスは外せません。まずは液晶のネジを外して持ち上げます。

ipad-%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%a8%e3%81%ae%e6%8e%a5%e7%82%b9

液晶を持ち上げるとロジックボードとの接点が見えました。

ここから液晶の接点を取り外します。

トランプのある部分気になりますよね?

そこはバッテリーとロジックボードの接点。液晶を外すよりも先に

そこを絶縁するのですが、バッテリーにはあとで触れたいと思います。

 

③ガラスをロジックボードから取り外す

img_0137

液晶を取り外すとご覧の通り、ガラスとロジックボードの接点が見えました。

これらを取り外すとガラスも本体から完全に放すことができます。

機種によりますが、中にはホームボタンもロジックボードに接点があるものも。

全ての接点を外さないと断線させてしまいますのでよく確認をします!

img_0139

こんな感じ。ガラス割れの場合は本体にガラス片が残ることも多いので

本体側もキレイにしてあげます。

 

④ホームボタンを取り外す

Touch IDに対応したiPadは本体とホームボタンは一対なので

ガラスからホームボタンを取り外して新しいガラスに取り付ける

必要があります。

iPadmini3、iPadmini4、iPadAir2、iPadPro、iPad5、iPad6などが

該当しますね。

img_0141

線が非常に細いので断線には要注意!

割れたガラスの場合はホームボタンにもガラス片がついてきちゃいます。

それらを剥がしてホームボタンをきれいにするときにうっかり・・・

ってことになりかねませんので、本当に繊細な作業なのです。

時にはガラス割れで、すでに断線していたなんてケースもあります。

 

⑤バッテリーを取り外す

ガラスや液晶交換の場合はここにたどり着かず折り返しになりますが、

バッテリー交換の際は避けて通れません。

先ほどの液晶取り外しの前のことからお話をしましょう。

ipad-%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc

まず、接点はネジで止められているのでそれを外します。

そうするとロジックボードとバッテリーの間に絶縁するためのものを

挟むことができます。写真のトランプのように。

これでロジックボードに電気が流れなくなるので

液晶とガラスを安心して外すことができるという訳です。

その結果がこの写真。

 

バッテリーを取り外すには厄介なことが2点。

一つはバッテリーが本体に強力に粘着されているということ

もう一点はバッテリーの接点はロジックボードの下敷きになっているということ

 

バッテリーを剥がすのは本当に大変です。

ガラスの粘着を取り外すのに一苦労してようやく出会えたバッテリー。

そしたらまた粘着を剥がすのか・・・

温めながらでもいいですが、バッテリーを熱するのは怖いので

ワタシは力技。でも勢い余って回りのパーツを傷つけないように要注意。

 

そして無事に剥がすことができても、ロジックボードが浮かないとバッテリーが取り出せません。

この時にロジックボードを丁寧に外さないと、ドックコネクターやカメラパーツ、スリープボタン

といったパーツをダメにしてしまう可能性があります。

 

⑥すべてを元に戻す

ipad%e6%9c%ac%e4%bd%93

バッテリーも取り外すとこんな感じ。

ロジックボードとドックコネクター、カメラ、スピーカー、

スリープボタン、ボリュームボタンが残っています。

ロジックボードとドックコネクターははんだでくっついていますが

他は全部バラバラに取り外せます。

今回はそこまでやりませんが、ここまでくれば

残りを本体から取り外すのはそこまで難しくはありません。

 

では元に戻すのは?

ここまでを遡るのです。液晶とガラスをロジックボードに取り付け

バッテリーの電気をロジックボードに流れるように接点をひっつけ、

閉じてしまいましょう。

 

 

そうして元に戻したらこのように↓

img_0133

ジャジャーン!!

 

 

どうですか?

皆様から依頼をいただいたiPadはこのような工程で修理をされています。

最後、閉じてからガラスが本体から外れないようにするための

圧着にかなりの時間を要するので、お返しが最短でも預かった翌日になってしまいます

 

スマホスピタルのエンジニアたちの仕事の一部を紹介しました。

皆様の大切な端末はお預かりした以上の破損が出ないように

これらの繊細な工程をエンジニアが丁寧にこなしていくのです。

鳥取、島根のiPad修理は引き続き、スマホスピタル米子店に

安心してお任せいただけたらと存じます。

 

みんなのiPhone、iPad、スマホの味方

スマホスピタル店長より

 

 

郵送修理

問い合わせフォーム

050-3785-2317

鳥取県米子市旗ヶ崎2021-7(有限会社福井事務機内)

スマホスピタル米子店

 

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 米子
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 米子

050-3785-2317 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 米子

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 米子

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 米子
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 米子
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 米子
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 米子
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 米子
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 米子
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル